うさぎの散歩。運動はストレス解消に最適

うさぎ飼育方法を初心者向けに

うさぎの散歩。運動はストレス解消に最適

ウサギを外で散歩させることはストレス発散に最適です。外に連れ出してあげるとすごく喜びます。普段ケージ内で暮らしている場合は特にうれしがります。ただ外を散歩する時には注意することがいくつかあります。危険なこともあるのでそれらを理解してから散歩をするようにしましょう。

 

豆知識

うさぎのさんぽは通称うさんぽと言います。うさぎを飼っている方達ではこの呼び方が多いです。

 

 

うさんぽをしていいのはいつから?年齢は?

散歩は生後半年くらいからが目安です。これより前だと身体がまだできあがっていないので風を引きやすかったり、感染症をうつされる可能性があります。それまでは家でしっかりしつけて外でそそうしないように準備しておきましょう。

 

 

散歩するには

キャリーケース(バッグ)に入れて目的地まで連れて行ってあげます。初うさんぽまでにキャリーバッグに慣れさせておく必要があります。またリード(うさぎに付けるひものようなもの)やハーネスにも慣れさせておく必要があります。

 

 

必要なもの

  • キャリーケース(バッグ)
  • ハーネス、リード
  • おやつ(うさぎ用)
  • 給水器
  • ブラシ
  • タオル

 

注意点

  • 他の動物がいる場所は避けましょう。
  • けんかになって怪我をしてしまう可能性があります。特にとりや猫はうさぎにとって天敵です。気をつけましょう。

     

  • 危険な場所に連れて行くのは避けましょう。
  • 具体的には茂みや草むらは虫がいる可能性があります。ダニやノミ、寄生虫を避ける為にも避けましょう。

     

  • 疲れすぎないように注意
  • 子供のうさぎは疲れていても動き回ってしまいます。適当なところで切り上げてゆっくり休ませてあげましょう。

     

  • 気候に注意
  • うさぎは温度の変化に弱い生き物です。夏場は日陰を中心に。冬場はあまり長く外に出さないように。

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPページに戻る


ホーム RSS購読
うさぎを飼う前に うさぎの飼育方法

先頭へ戻る