うさぎのしぐさと気持ち

うさぎ飼育方法を初心者向けに

うさぎのしぐさと気持ち

うさぎは他のペットと比べて感情表現が乏しい生き物に見えます。犬や猫に比べるとあまり鳴いたりもしませんし、見慣れていないと表情の変化も気づきにくいです。慣れてくると顔の表情の変化もわかってきます。例えば楽しい時は目がパッチリしています。ただ初心者の方にはわかりにくいのでしぐさや行動で気持ちを読み取ってあげましょう。

 

 

うさぎの気持ちはしぐさ、行動が一番わかりやすい

うさぎはさまざまなしぐさを見せます。以下は一例です。

  • 自分の匂いをこすり付ける:縄張りの主張
  • ※あごをこすりつけるのが多い。

     

  • 穴を掘る:興奮している
  • ※本能的な行動で遊びやストレス解消も兼ねている。

     

  • かじり木や柱をかじる:歯の長さ調節
  • ※本能的な行動で遊びやストレス解消も兼ねている。

     

  • 後ろ足でダンと音を鳴らす(足ダン、スタンピング):恐怖心がある、怒っている
  • ※慣れているとさびしい、構ってという合図でもあります。

     

  • 鼻をつんつんする
  • かまって欲しい時のサインです。身体をなでたり、マッサージしてあげましょう。

     

  • ジャンプする:嬉しい、楽しい
  •  

  • 鼻をぷうぷう鳴らす:気分が良い
  •  

  • 鼻をキーキー鳴らす:恐怖、苦痛がある
  •  

  • おしっこをまき散らかす:縄張りの主張。オスに多い。
  •  

  • 尾を立てる:興奮している
  •  

  • 尾を振る:喜びの表現
  •  

  • 倒れるように横になる:くつろぎの仕草
  •  

  • あおむけになる:リラックスのポーズ
  •  

  • 耳を後ろに倒し、体を引く:攻撃的な状態
  • ※触ろうとするとかまれることもあるので注意。

     

  • 歯ぎしり
  • どこか身体が痛いという合図。早めに病院に連れて行ってあげる必要があります。

     

  • 後ろ足で立つ
  • おねだりのポーズ。「うたっち」とよばれるポーズです。

     

  • 毛づくろい
  • リラックスしています。毛玉症には注意しましょう。よくこのポーズをする時は体毛が気になっている可能性があります。ブラッシングをいつもよりも多めにしてあげましょう。
    参考記事:うさぎのグルーミング(ブラッシング)方法

     

  • 食器やトイレをひっくり返す
  • 退屈しているorお腹がすいています。ご飯をあげて様子を見て、食べないようなら少しかまってあげましょう。

 

うさぎの仕草は何かを伝えたがっている

うさぎのしぐさはボディランゲージです。人間でも何かを伝えたい時に身振り手振りで伝えたりしますが、それと一緒です。コミュニケーションをとってうさぎの意思を汲み取ってあげましょう。

 

 

もちろん個体差もあり

その子によって違うしぐさを見せる時もあります。これははじめはわかりにくいので慣れが必要です。じっくり観察してごはんを与えたり、なでてみたりして様子を見て、どういう風に接したら良いのかを学習しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPページに戻る


ホーム RSS購読
うさぎを飼う前に うさぎの飼育方法

先頭へ戻る