うさぎのトイレのしつけ方、教育方法

うさぎ飼育方法を初心者向けに

うさぎのトイレのしつけ方、教育方法

うさぎは犬や猫と同様に糞、尿をどこでするかというトイレのしつけが可能です。ちゃんと教えてあげれば同じ場所でトイレをするようになります。固体や性格によって覚えに差はありますが、根気よく慣れさせていけばいずれ覚えてくれます。すぐに覚えなくても気長にやりましょう。

 

 

トイレを覚えさせるコツ

実は尿に関しては何もしなくても同じ場所ですることが多いです。ただ何も教えていないと間違った場所でずっとおしっこをしてしまう可能性があるのでやっぱり教育が必要です。

 

 

おしっこは隅っこでする習性がある

うさぎは隅っこの方でおしっこしたがる習性があります。これを利用してケージの端の方にトイレは設置しましょう。そしてトイレには尿をしみこませたティッシュペーパーやトイレ砂を置いておきましょう。これによってここがトイレだと教え込ませることができます。

 

 

すぐにそこでするようになったら何も問題ありませんが、覚えないようであれば少し手を掛けてあげる必要があります。トイレをしそうになったらトイレまで連れて行ってあげるという方法です。うさぎがどういうしぐさをしたらトイレをしたくなったサインかと言うとソワソワしたり、尻尾を上げて排泄しそうになったらトイレの合図です。さっとトイレに連れて行ってあげましょう。

 

 

もし間違った場所でトイレをしてしまった場合

おしっこやうんちをトイレとは違う場所でしてしまった場合はまずその場所をしっかりときれいにしましょう。匂いが残っているとまたそこでする可能性があります。ペット用消臭剤、スプレーなどで匂いを消してしまいましょう。この時怒るのはやめておきましょう。

 

 

うまくできるようになったら

うまくトイレができるようになったらちゃんと褒めてあげましょう。ご褒美としておやつをあげたり、おでこをなでてあげたりして自分は良いことをしたと思わせてあげましょう。これによって良い循環サイクルができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPページに戻る


ホーム RSS購読
うさぎを飼う前に うさぎの飼育方法

先頭へ戻る